出張で疲れを溜めないための一工夫

出張で疲れを溜めないための一工夫

長時間の移動や慣れない環境など、出張は何かと疲れが溜まるものです。仕事を終え、ビジネスホテルに着けばようやく一息できますが、疲れはちょっとした工夫で溜まりにくくなります。こちらでは、出張で疲れを溜めないための方法をご紹介致します。

■移動時の工夫

移動の際は始発便を利用する

移動は始発便の利用をおすすめします。始発便は利用者が比較的少ないので、ひじ掛けを上げて横になることもでき、のびのびと過ごせます。現地に到着後も並ぶことなくスムーズに飛行機を出られるので、終始静かに落ち着いて過ごすことができます。また、早めに着いたらその土地の美味しいものを食べて、力をつけておきましょう。

移動中はくつろぎモード

長時間の移動は体に負担が大きいので、移動中はくつろぎモードで過ごしましょう。
機内ではジャケットを脱ぎ、胸元を少し開けると呼吸もしやすくリラックスできます。また、首元を温めると全身を効率よく温められます。ネックウォーマーを使ったりパーカーを羽織ったりするといいでしょう。

飛行機での移動は荷物を預ける

規定サイズを超えていなければ飛行機内に荷物を持ち込めますが、荷物は預けることをおすすめします。荷物を収納できない場合があるわけではありませんが、持ち込み者が多いと棚の取り合いや他の人とぶつかることもあります。そういったことにエネルギーを使うよりは、荷物は潔く預け、早めに座席でゆっくり過ごしましょう。

■ビジネスホテルでの過ごし方

室内は温度と湿度に気をつける

宿泊先のビジネスホテルでは、温度と湿度に気をつけましょう。暑いからといってエアコンの温度を下げ過ぎると、翌日体がだるくなったり喉がガラガラになったりする場合もあります。部屋の乾燥防止には濡れたタオルが役立ちます。お風呂上りに濡れたバスタオルを部屋に干しておくと、部屋の湿度がアップし、乾燥を防いでくれます。暖房もかけ過ぎると部屋が乾燥しますので、冬は加湿器を使いましょう。

馬車道や関内、みなとみらいや桜木町など、出張やご旅行で横浜にお越しの際は当ホテルをご利用ください。当ホテルのメリットは、格安駅近、徒歩圏内で観光スポットに行けることです。中でも様々な専門店が軒を並べる馬車道へは、徒歩2分で行くことができます。当ホテルへはJR桜木町駅・関内駅、地下鉄関内駅、みなとみらい線馬車道駅をご利用ください。